血流は万病の元🌸

血流を改善する方法step②血を増やす睡眠


みなさんこんにちは
薬剤師@θさぷりんです🌸
今回は血流を改善する方法〜血を増やす睡眠〜についてお話ししたいと思います。

血流を改善する方法step②血を増やす睡眠

血流を良くして体の土台を作るために必要なのは「①作れない②足りない③流れない」と言う原因を解決する3つのステップになります。
前回は①血を作るために「血流を改善する方法〜食事編〜」についてみました。
そして今回は②血を増やすために「血を増やす睡眠」についてです。

関連記事:♡血流を改善する方法〜血を作る食事〜♡

前回ご紹介した食事方法を実践して胃腸を元気にし栄養が取れるようになれば、血を作る力が回復してきてきます。
その後、血を増やすためのコツは非常にシンプルです!

それは夜23時までに眠る!
ただこれだけにつきます。

夜23時までに寝る

では、なぜ23時までに寝ることで血を増やすことができるのでしょうか?

それは陰と陽の入れ替わりが血を作ることに影響するからななんです。

東洋医学の基本的な考え方に陰陽というものがあります。
全宇宙にあるすべてのものが陰と陽に分けられると言う考え方です。

陽は活動的なもので、陰は静かなものです。
例えば太陽が出ている昼は陽であり、夜になると陰など…

そしてこの陰と陽が一定のリズムで入れ替わり、バランスが取れている時の状態が健康であるとされています。

東洋医学では午前0時を挟んだ前後2時間(22時から2時)は体の陰陽が入れ替わる時間であり、この時間に眠っていることが非常に重要とされています。

つまり23時以降には寝ているということがポイントになります。

この陰と陽の入れ替わりの後、午前1時から3時が血を作る時間です。
隠と陽がうまく入れ替わって初めて血がしっかりと作られます。

この時間寝てない状況が続くと血が作られないだけではなく、血の浄化もできないため、あらゆる病気を引き起こす原因になってしまいます。

23時までに眠れるようにする方法

血を増やすためには夜23時までに寝ることということはわかりましたが、なかなか難しい方もいらっしゃると思います。

では、23時までに眠れるようにはどうしたらいいでしょうか?

コツとしては以下に挙げられます。

・朝日を7時までに浴びる
・寝る一時間前には照明を暗くする
・起きる時間を固定する
・湯船につかる
・眠れなくても自分を責めない!

一つずつ見ていきましょう!

朝日を7時までに浴びる

起きた後太陽の光を浴びることは、不眠を解消する上で大切なポイントになります。
単に目覚めだけに影響するわけではありません。
夜の眠りに大きく影響します。

人間のリズムをコントロールしている体内時計ですが、体内時計を採用しているのが太陽なんです。
体の中にある時計と実際の時間を合わせるためにリセットをするのが朝の太陽の役目です。
朝日を浴びることで体内時計のリズムが正常化します。

「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニンは、太陽の光を浴びて現象し脳が目覚めます。
そして太陽の光を浴びた15時間から16時間後にまた睡眠ホルモンの分泌が始まります。
この眠りのホルモンが出てくると自然と眠くなります。

夜23時に寝るには、逆算し朝7時には太陽の光を浴びる必要があります♪

寝る1時間前には照明を暗くする

強い光が目に入ると、松果体が反応して睡眠ホルモンが出にくくなります。
特に青色の光はホルモンの分泌を覚ましてしまいます。
スマホから出るブルーライトも要注意です。

起きる時間を固定する

毎日起きる時間が異なると体内時計が狂ってしまいやすくなります。
起きる時間が2時間以上ずれると体内時計が戻りにくくなるので、休みの日でもあまり起きる時間をずらさないほうが効果的です。

湯船につかる

23時までに眠れるようにするだけではなく、睡眠の質を良くためにもお風呂が欠かせません。
入浴をするだけで血流が良くなるのはもちろん、睡眠も改善されることによって血を増やす力も高まり、長期的に見ても血流が良くなります。
忙しい中でも時間を作り、ぜひ湯船につかるようにしてくださいね。

眠れなくても自分を責めない!

そして一番大事なことは、眠れなくても自分を責めないことです!

無理に眠ろうとしなくて大丈夫です。
もちろん睡眠はとても大事ですが、目を閉じて安静にしているだけでも体はしっかりと休息しています。

なのでもしも眠れなくても、自分を責めないでください。
時間通りに眠れない、睡眠不足だからと言って落ち込む必要は全くありません!
よく眠れないからといって血が全く作られないわけではないので、できることから無理せずに1つずつやっていってくださいね♪

睡眠の質を高める

ただ寝るのではなく睡眠の質を高める必要があります。
睡眠の質を高めるためにお勧めしているのが寝る前の完全呼吸です。

血が不足している方は、血流が悪いために酸素が届かず全身が軽い酸欠状態にあります。
酸素がなく燃えていない状態です。
そのため深呼吸をするだけで酸素が全身にめぐり細胞の新陳代謝が良くなって体があったかくなります。

完全呼吸

完全呼吸と言うのはお腹でする腹式呼吸のことで、胸式呼吸の両方を一回の呼吸で同時にする方法です。

普通の方が呼吸をする場合「吸う:吐く」は1:1になることが多いのですが、これを1:2の割合でおこないます。
つまり1吸ったら2吐くと言うことです。
目安としては吸うのを4秒、吐くのを8秒です。

呼吸は吸うときに活動的な交感神経が優位になり、吐くときにリラックスの副交感神経が優位になります。

<完全呼吸法の方法>

①息を吐き切る。
②鼻から息を吸う。(この時腹式呼吸でお腹で吸って、続けて胸式呼吸で胸いっぱいに吸い込みます。)
③息を止めてお尻をきゅっと締める。
④口から一息に吐く。(吸ったときの倍の時間をかけてお腹と背中がくっつく位吐き切ります。)
⑤3回繰り返します。

完全呼吸は1日の中でいつ何度しても良いのですが、オススメは寝る前です。
1日の心と体の疲れをリセットできますし、リラックス効果で眠りも速くなります。

まとめ

今回②血を増やすための眠り方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

睡眠と血は非常に深い関係があります。
原因不明の不眠症に悩まされていたのが、実は貧血が原因だったということも少なくありません。血流が睡眠を作り、逆に眠りが血流をつくるというふうに、お互いに影響を与えあいます。

中国のことわざには「一度の食事よりも子の刻に睡眠をとる方が大事だ」という言葉があるほど、睡眠は私たちの健康に大事です♪
食事により胃腸を元気にして血が作られるようになったら、眠りを見直して血をどんどん増やしていきましょう!

①食事によって血を作り、②質の高い睡眠で血を増やしたら、次は③血流をよくする生活習慣をみていきたいと思います。
ぜひcheckしてもらえたら嬉しいです♪↓

そして「医師にも薬にも頼らず、自然の流れに沿って心と体を美しく整え、真に豊かな暮らし」を大いに楽しんでもらえたらと思います♡

皆様の心と体が軽くなり、幸せな人生を送れることを願っています。

最後まで読んでくださりありがとうございました!
今日もハッピーな1日をお過ごしください😊

以上薬剤師θさぷりんでした🌸