日本の四季を楽しむ生活🗻

3/5~3/20【啓蟄】見たい自然の日本の四季を楽しもう🗻

こんにちは!
薬剤師θさぷりんです🌸

今回「啓蟄に見たい自然」についてお話ししたいと思います。

【啓蟄】に見たい自然の日本の四季を楽しもう🗻

二十四節気では「啓蟄(けいちつ)
新暦で3月5日から3月20日ごろです。
啓蟄(けいちつ)とは、陽気に誘われ、土の中の虫が動き出す頃のことコスモス
冬ごもりしていた虫が、春の暖かさを感じて地中からはい出し始めますてんとうむし
一雨ごとに春になる、そんな季節の気配を感じながら……

啓蟄に見たい草・花・生き物

啓蟄に見たい自然は以下に挙げられます♪
・桃
・菫(すみれ)
・かたばみ
・かわらひら
・やまとしじみ
一つずつ見ていきましょう!


桃は3月下旬から4月上旬に開花します。
庭木に適した品種は源平桃、枝垂れ桃など。

弥生時代の遺跡から桃の核が出土し古くから日本にあったことがうかがわれています。

菫(すみれ)


日本数百種以上あると言う菫は昔から愛され、歌われてきました。
濃い紫色の花びらの菫が思い浮かびますが、他にも様々な種類があります。

優しい色合いのタチツボスミレは北海道から沖縄まで見られる代表的なスミレです。

山路きて何やらゆかしすみれ草 by松尾芭蕉

かたばみ


かたばみは古くから親しまれ、家紋にも用いられるお花。

夜になると葉を閉じて眠りにつき、葉の片側が欠けているように見えることが名前の由来になったそうです。

かわらひわ


カワラヒワはすずめ目アトリ科に分類される鳥

スズメと同大だがやや小さく、全体的に黄褐色で、太い嘴と、翼に混じる黄色が特徴的です。

やまとしじみ


本州以南に生息する小さな蝶
冬を幼虫で過ごし春から秋にかけて見かけます。

名前の由来は羽を開いた様子がしじみ貝を開いたように見えるからとか♪

まとめ♡自然で心の栄養を♡


今回【啓蟄に見たい草・花・生き物】についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

見たい草・花・生き物を探す口実に
気分転換にお散歩しながら季節を感じ素敵な時間になりそうですね♡
めいいっぱい新鮮な空気を吸い込み、肺を空気めいいっぱいにし、血流により体中の隅々まで酸素送り込みましょう!

【啓蟄】に見たい自然を見て
「医師にも薬にも頼らず、自然の流れに沿って心と体を美しく整え、真に豊かな暮らし」を大いに楽しんでもらえたら嬉しいです♡

このブログを読んでくれる皆様が、心と体が軽くなり、幸せな人生を送れることを願っています。

最後まで読んでくださりありがとうございました!
今日もハッピーな1日をお過ごしください😊
以上薬剤師θさぷりんでしたお願い