ダイエット計画🗺

ダイエット計画3⃣やる事リスト作成!運動プランを選ぼう!

みなさんこんにちは
薬剤師θさぷりんです🌸
今回エクササイズ(運動)プランについてみていきたいと思います。

エクササイズ(運動)プランを選ぼう

ダイエットで運動したらいいのか?
するなら何をしたらいいのか悩んでいませんか?

また、運動はつらいしめんどくさい…
続けられない…
と思っていませんか?
なので今回ダイエットにおいての運動を一緒に選んでいきましょう!

運動のメリット

まず運動のメリットについてみていきましょう。
運動には多くのメリットがあります。

・運動は食欲を抑えるのに役立つ

運動のメリットには運動は食欲を抑えるのに役立つことがあげられます。
定期的な運動が食欲のコントロールにつながるといわれています。

・運動は気分を高めストレスを和らげる

運動は気分を高めストレスを和らげる効果があります。
不安やストレスなので食べてしまいがちなら、運動することがはけ口となってくるかもしれません。

・運動はカロリーを消費する

運動している間、筋肉はいつもより多くのカロリーを燃やします。
運動によって筋肉が増え、さらにカロリーを消費されやすい体になるでしょう。

・運動は筋肉の維持を保つ

運動は筋肉の維持を保つことができます。
通常の減量事は、脂肪と筋肉組織を失うことで体重を減らしてしまいます。

しかし運動することで筋肉量を保てるので、体重が落ちた時にはほとんど脂肪が落ちたと言うことになります。

・運動はダイエットの集中力を維持してくれる

運動のメリットにはダイエットの集中力を維持してくれることが挙げられます。
運動の間に自分自身にこういうことができます。

本気で減量してスタイルを良くする。少しずつの変化でもいい確実にこなそう。
こうした強い思いが食事制限の努力を支え食生活を変える励みになってくれます。

・運動は自信を生む

健康状態が良くなると、自分自身と能力についてプラスの感情を持つようになると言われています。
ある実験では、6週間のウェイトトレーニングプログラムに参加した生徒は運動しない生徒に比べ、容姿について、よりポジティブな感情を持っており、自分の能力を信じていると言う報告があります。

・運動は身体的な気持ちよさも増す

動けば動くほどますます動きたい気持ちになります。
定期的な運動は筋肉と心を強くします。

重いカバンを持つことや煩わしい家事も負担と感じにくくなります。
運動は睡眠を促し、エネルギーが増えたことを実感させてくれます。

・運動は健康状態を改善し病気を治す

また運動は健康状態を改善し病気を治すメリットがあります。
定期的な運動には糖尿病・心臓疾患の危険性を減らす相関関係があると言う研究結果があります。

運動プランの選び方

ではどうやって運動を始めてみたらいいでしょうか?
まず運動プランの選び方としましては、2種類の運動を試してみるといいかもしれません。

1つ目は自発的な運動で運動したい気持ちの時にするものです。
2つ目は計画的な運動つまり特定の決められた時間帯に決められた運動するものです。

運動を始める前に健康状態と体重を考慮した上で最良の選択肢を考えましょう。

①自発的な運動

ちょっとした思いついた時にできる小さな運動やりながら、運動を日々の日常の生活に取り入れてください。

例えば
車やバス電車での移動の時は、目的地より一つ前で降りて、そこから残りは歩いてみる。
・マンションのエレベーターに乗るときは目的の家より1つ下でおり、そこからは階段で上る。
(慣れればこれが2階分3階分になっても苦ではなくなると思います。)
ショッピングモールで買い物をするときには初めにモール内を一周歩いて回る。
(診療所、空港、美容室で待ち時間があった時もその時間があてる。)
などなど
やる気を出すために万歩計などスマホで今は測れますので、毎日どれだけ歩いたかをノートに書き込むのもいいかもしれません。
継続して歩数を書き込むことで日ごとに歩数を増やして進歩に挑戦してみて下さい。

♡日常生活の身体活動を増やそう!ジムに行くのと同じ効果?♡

②計画的な運動

大前提にダイエットに関係なく、健康な体を維持するには定期的の運動は必ず必要です。
なので継続できる好きな運動を選択しましょう!

日常的に歩いたり走ったりする
・スイミング
・ビデオやDVDテレビのフィットネス番組を見ながらの運動
・パーソナルトレーナーと契約する
・エクササイズやダンスレッスンに参加する
・社会人サークルにはいる
・登山やボルタリングなど運動の趣味を作る

どんな運動を選択するにしても、無理をしない程度からゆっくり始めてみて下さい。

1日30分の運動さえしなかった人が、急に激しい運動してもそれは現実的ではありません。
筋肉痛になり怪我をする可能性だってあり得ます。
そうなるとかえって運動することを諦めてしまいますので、くれぐれも無理をしないでくださいね。

普段座っての作業が多い人は、慣れるまでは毎日5分あることから始めてみてはいかがでしょうか?
それができたらだんだんと歩く時間を増やせばいいだけです。
ただこれだけは覚えておいてください。
たったの5分でも全く歩かないよりはずっと良いと言うことを😊

運動を続けるコツ

運動のメリット、選ぶ方法がわかったところで、運動を続ける方法についてみていきたいと思います。
もともと運動するのが好きではなく、忙しくてストレスを感じる場合もあるかもしれません。
あるいは体力的に問題がある場合、運動に対して抵抗感じてしまうかもしれません。
そういう方そういった時は次の対処法を試してみてください。

・今ではなく運動後の気持ちに目を向ける

まずは最大の難所は始めることだと思います。
なので始める前の今ではなく、運動後の気持ちに目を向けてみて下さい。
運動した後はストレスが解消されていたりやるべきことをやった充実感があると思います。

・自分を大いに褒める

どんな小さなステップでも正しい方向に進む自分を褒めてください
そして運動する自分にご褒美をあげましょう。

・自分の進歩に目を向ける

自分の進歩に目を向けることが大事です。
以前よりも長い時間歩けるようになりましたか?
以前よりも精力的に運動できるようになりましたか?

だんだん体力がつき体が元気になっていることを毎回の運動で感じてください。

・ポジティブな気持ちで運動を終える

好きな運動器具や好きな運動は最後にもってくるのがいいと思います。
いつもやっている運動の中で、あまり気が進まないものは真ん中の時間に行ってください。

こうすることで気持ちよく運動を終えることができると思います。
最後までやり通し、次も同じようにできる可能性が高くなるはずです。

・好きなタイプの運動するように心がける

運動は退屈で感じたら内容を好きなタイプのものに変更するのもありだと思います。
友達は激しい変動に合わせてリビングで踊りまくる運動を最終的に考え出したと言っていました。
またほかの友達は申し込んだレッスンが好きになれず、もっと簡単なレッスンに変更し、楽しめるになりました。
ランニングや水泳などみんなと一緒にすることが好きな人も多いはずです。

いろいろなやり方を試してみて、自分に合う方法を見つけてくださいね。

まとめ

今回エクササイズ(運動)プランについてみてきましたがいかがだたでしょうか?
この記事を読んで、運動の選び方、そして続ける方法について知り、ダイエットを楽しんでくださいね♡

最後まで見てくださりありがとうございました!
私が経験し、学んだ、ダイエットのやり方やコツについてお伝えし、微力ながらあなたを一生懸命サポートしますので、一緒に頑張っていきましょう!

ダイエットが決して辛いものではなく「なりたい自分になるためのワクワクする事」になれるよう、是非ダイエットを楽しんでもらえたら嬉しいです♡

あなたが行動することは「やらなくてはいけないこと」「やるべきこと」ではなくて「やりたいこと」でありますように😊

以上薬剤師θさぷりんでした🌸