メンタル

ダイエットの敵である言い訳思考を撃退する方法とは!?

みなさんこんにちは
薬剤師@さぷりんです◡̈♥︎

今回はダイエットの敵である言い訳思考を撃退する方法についてお話ししたいと思います

言い訳思考

今回は自分をコントロールする力と自信をつけるためのトレーニングをしていきます。
以下のような感情にどう反応するのか学んでいきましょう。
失望:これを食べればいいのに
不平感:私だけ食べれないなんて不公平だ
抑圧されている感情:きつすぎるこれ以上続けられない

体重を落としている途中で自信がなくなり落ち込むこともあるでしょう
ダイエットの壁に当たって怒りや反抗心が生まれるかもしれません。

「ガッカリだ」には「まあ、いいや!」と言おう

食べられないなんて不公平だと思ったらまぁいいやと言うことで苦痛を減らすことができます。
気分が良くなり他のことに集中することができます。
なので苦しいなと思ったらまぁいいやと言ってみて下さい。
この言葉は体重を減らしたいからダイエットしているのだと言うことを思い出させてくれます。

不公平症候群を撃退する

不公平だみんなが食べているものを食べられないなんてと不公平感を感じて食べてしまう人がたくさんいます。
しかし不公平だと言うネガティブな考えに固執すると気分が悪くなってしまいます。
世の中には本当に様々で私には公平じゃないことばかりでもまぁいいやと考えられるようにして欲しいんです。

大局的に公平化不公平感を考えよう

もしダイエットが不公平だと言う考えがうかんで食べたくなったら以下のように考えてください

ダイエットはなかなか決意できなかった理由を思い出す

あなたはダイエットをしない場合の不都合を強く感じていました。
ダイエットのメリットカードを読み直して心を新たにしてください

精神的に得られるメリットのリストを作ろう

あなたには望む人生を送る自由があります。
あなたが得られる事柄についてよく考えてみましょう。

考え方

ダイエットは公平じゃないかもしれないしかし私には2つの選択肢がある。
1つは計画に従うのをやめて一生ゴールにたどり着けずそしてずっと不幸に生きていく。
もう一つは自分に向き合いながら前に進んで私がするべきことをする。
誰だって人生の中で公平を感じて生きる私もその1人。

あなたはどう考えますか?

ダイエットに関する不公平感について言い訳思考は遅かれ早かれ浮かんでくるものです。
よくある言い訳思考とそれに対する適応的反応をここで書いておきます。
言い訳思考:普通に食べられないなんて不公平だ。
適応的反応:ダイエット始める前の私は食べ過ぎていて太りやすい食べ物ばかりを選んでいた。
私は今ダイエットすると言う目標を持って普通に食べている。

言い訳思考:こんな問題に構っているべきではない
適応的反応:私には3つの選択肢がある。
第一に諦めてこの体重のままでいるもしくはもっと体重を増やし続ける。
第二に休み休みダイエットをする。
第三ににダイエットが不公平だと言うことを認めてダイエット続け体重落とすためにしなければならないことをする。
私は迷わず3つ目の選択肢を選ぼう。

まとめ

最後まで見てくださりありがとうございました!
私が経験し、学んだ、ダイエットのやり方やコツについてお伝えし、微力ながらあなたを一生懸命サポートしますので、一緒に頑張っていきましょう!

ダイエットが決して辛いものではなく「なりたい自分になるためのワクワクする事」になれるよう、是非ダイエットを楽しんでください!
何事も楽しまなくてはもったいないですよね!!!

私が発信しているEDEN式ダイエットを下記の記事でまとめました!

ぜひ読んでください:EDEN式(エデン式)ダイエット方法【まとめ】

Enjoy Diet🍏あなたが行動することは「やらなくてはいけないこと」ではなくて「やりたいこと」でありますように😊
以上薬剤師@さぷりんでした◡̈♥︎