DIET

代謝を上げるには「糖燃焼モードから脂肪燃焼モードに変える」?🍏

みなさんこんにちは
薬剤師@さぷりんです🍏

今回 糖燃焼モードと脂肪燃焼モードについて見ていきたいと思います。

糖燃焼モードと脂肪燃焼モード

代謝を上げるには、エネルギーを作る方法を「糖燃焼モードから脂肪燃焼モードに変える」ことです。

そして体内で脂肪を燃やすには、食事で脂肪を摂取しなければなりません。
代謝を上げる働きをする脂肪を摂取するだけではなく、糖分と炭水化物の摂取を減らす必要もあります。

人間の体はよくできていて、脂肪と糖の両方を燃料にすることができます。
とは言え理想的な燃料はやはり脂肪です。

人間の体はグルコース(ブドウ糖)を主要なエネルギー源にするようにはできていません。
そして現代人の一般的な食生活は糖と炭水化物が多すぎます。

そのため私たちの代謝は、本来の脂肪燃焼モードではなく糖燃焼モードになってしまっています。

燃焼モード

糖燃焼モードの代謝にはたくさんの問題があります。

まず挙げられるのが血糖値と血中インスリン値が急激に上がり、さらに糖分と炭水化物が食べたくなることです。
これが過食につながり体脂肪、特に腹部の内臓脂肪が増えてしまいます。

内臓脂肪は皮下脂肪よりも炎症やインスリン抵抗性につながりやすいです。

また体内で糖を燃やすとより多くのフリーラジカルが発生し、酸化によるダメージや炎症を引き起こします。
さらにはがん細胞も糖を養分にして成長します。

脂肪燃焼モード

脂肪燃焼モードの代謝は血糖値と血中インスリン値を安定させ、食欲を抑え体脂肪を燃やし、がん細胞に餌をやらず炎症を抑制することができます。

糖燃焼モードを脂肪燃焼モードに変えるには?

食生活を変えれば糖燃焼モードの代謝を脂肪燃焼モードの代謝に変えることができます。

モードを切り替えるまでにはいくらかの糖分は必要ですが、完全に切り替われば糖の摂取は最小限で構いません。

パレオダイエットやケトジェニックダイエットの害

脂肪の摂取量を増やし、糖分の摂取量を減らすダイエットで有名なのはパレオダイエットやケトジェニックダイエットがあります。
しかしこれらのダイエットには問題があり、現代人の多くは脂肪をきちんと消化吸収できない体になってしまっていることが挙げられます。

まずこの問題を解決しないとせっかく良い脂肪を取っても意味がなく、効果出るところがむしろ具合が悪くなってしまうこともあり得ます。

脂肪を摂取する食生活を変える前に、脂肪を消化吸収できる体を手に入れる必要があると言うことです。

そのためには胆のうの力が必要です!

関連記事:胆のうがダイエット成功の鍵!?脂質の消化吸収には胆汁が助けが必要

まとめ

私が経験し、学んだ、やり方やコツについてお伝えし、微力ながらあなたを一生懸命サポートしますので、一緒に頑張っていきましょう!

ダイエットが決して辛いものではなく「なりたい自分になるためのワクワクする事」になれるよう、是非ダイエットを楽しんでもらえたら嬉しいです♡

あなたが行動することは「やらなくてはいけないこと」「やるべきこと」ではなくて「やりたいこと」なんです♡😊

Enjoy Diet🍏

最後まで見てくださりありがとうございました。
以上薬剤師@さぷりんでした◡̈♥︎