氣陰陽五行🌟

陰陽の法則の本質は調和?

おはようございます!
薬剤師θさぷりんです🌸

 

ブログを見に来てくださりありがとうございます♡

今日は「陰陽の法則」についてお話ししたいと思います。

というのも
今の世の中は善悪を白黒はっきりつけようとする傾向が強いかと思います。

自分と違う考えを排除し、自分が正しいんだと思いたい……
責任を誰かに押し付けたり、犯人探しをしてその人をひどく責めたり……

これらはある意味、正当防衛ともいえると思います。
自信がないからからこそ群れる、弱いからこそ吠える……とよく言いますよね?

なんだかこの方たちもこの世の被害者な気がしてしまうんです。
なぜなら周りから一方からの視点からしか見れない固定概念を植え付けられてしまったからです。

世の中の考え方が違ったらその人はまた違った人生を送っていたと…

日本や中国では昔から「陰陽思想」と言うものがあり、陰と陽と大きく分けて(-と+、月と太陽、女性と男性など)2つの視点から物事を見て中庸(真ん中)になるように天文学、方位学、精神面や物事の考え方、食事の仕方まで様々な分野でこの陰陽の法則を使ってきました。

陰陽の法則とはひと言で言うと調和です。

調和とは日常の全てにおいて多角的に捉えられることですよね?
これをなるべく中心に持ってきて生活していくことです。

楽観的な例で言えば「悪いことがあったらきっと次はいいことがある」と言うように」裏面もあれば表の面も見る視点が持てると言うことです。

中庸になるには、
まず自分の視点がどこにあるか?を知ることから始めましょう。

例えば、
ある物事に対して「どちらかに偏っているかも?」と思ったら、「自分は何を信じているから、この視点を持っているのか?」を紙に書いてみるんです。
そして「自分と全く反対の視点を入れてみる」と

中庸が見えてきます

片方のみの情報だと点になる
陰と陽二つの情報だと線になる
そしてそれらを上から客観的に俯瞰してみると立体となる

この立体として見るとき三角ではなく丸になるように考える

こうすることで心が安定して考えられるようになると思います♡

誰が正しいでもなく、何が良い悪いでもなく、損得でもなく、まずは自分の視点を知ることこそ、この陰陽の法則を肌で感じる一歩だと思います。

そして自分が自分を生きる在り方は、誰かの意見で動くわけでもなく、[自分がどうありたいか]が1番大事です。

自分のことを知っていると、すべての物事や様々な事柄を受容し、また新たな点をいつでも置き換えることができるようになります。

心と体は常に連動しており、思考や意識が病気を招く大きな原因なので、体への感謝をして日々のコンディションを良好に保っていってくださいね♡

このブログを読んでくれる皆様が、心と体が軽くなり、幸せな人生を送れることを願っています。

最後まで見てくださり本当にありがとうございました!
以上薬剤師θさぷりんでした♡