日々の食事を「薬」に🍱

【食材の性質を決める条件①五行説】日々の食事を「薬」に🍱

おはようございます
薬剤師θさぷりんです🌸

今回「食材の性質を決める条件①五行説」についてお話ししたいと思います。

五行説と温涼・補瀉で食材の性質が決まる

食材にはそれぞれ性質があり、食を薬とするには自分に合った食材を知る必要があります。そして食材の性質を決める条件に①五行と②温涼・補瀉という二つの考え方があります。

今回そのうちの①つ目の五行についてお話ししたいと思います。

食材の性質を決める条件①五行とは?

東洋医学では「この世のあらゆるものは、五つの要素から成り立ち、お互いに助け合い、バランスを取り合いながら巡る」という五行という考え方があります。
そしてこの五行のバランスが整っていると巡りが安定すると考えます。

五行の分類「水・木・火・土・金」

五行は「水・木・火・土・金」に分類されそれぞれ
」は「肝木(かんもく)」
」は「心火(しんか)」
」は「脾土(ひど)」
」は「肺金(はいきん)」
」は「腎水(じんすい)」と呼ばれます。

五行と食材

そして
肝木(かんもく)に一番作用する食材は「木性食材
心火(しんか)は「火性食材
脾土(ひど)は「土性食材
肺金(はいきん)は「金性食材
腎水(じんすい)は「水性食材」が当てはめられます。

五行と体の部位:五臓六腑

そして五臓六腑は
肝木は「肝臓と胆のう
心火は「心臓と小腸
脾土は「膵臓と胃腸
肺金は「肺臓と胃
腎水は「腎臓と大腸」を表します。

つまり、食材によって体のどの部分に効果的かが異なるということなんです。

五行と色・味

そして色・味もほぼ五行と一致します。

肝木に分類される代表的なものは
色:青緑の食材
味:酸味
食材:藍色の藻、にら、ほうれん草、レモンやイチゴなど

心火に分類される代表的なものは
色:い食材
味:苦味
食材:トマト、玉ねぎ、ニガウリ、鮭のアスタキサンチンなど

脾土に分類される代表的なものは
色:黄色い食材
味:甘味
食材:カボチャ、サツマイモ、大豆のイソフラボンなど

肺金に分類される代表的なものは
色:い食材
味:辛味
食材:大根、レンコン、びわ、みかん、野菜などの繊維、唐辛子、発酵食品(味噌・醤油)など

腎水に分類される代表的なものは
色:い食材
味:鹹味
食材:塩、根菜、精力がつくもの、黒茶、黒豆、黒ごまなど
※鹹味(かんみ)とは塩からい味のことを指しますが、漢方的には単にしょっぱいという意味だけではなく、旨みも含まれると言われています。

①相生と②相剋の関係

そしてこの五行ですがお互いに関係しあっており、①相生と②相剋の二つの関係性があります。

①相生の関係

相生関係は、木が燃えて火になり、燃え尽きて土になり、土から金属やミネラルが生まれてやがて水になる。
と言うように木火土金水がそれぞれを生む、元気付ける、力を与える関係になります。

②相剋の関係

一方、相剋関係は、木は土から栄養を取り、土は水を埋め、水は火を消し、火は金属を溶かし、斧(金)は木を切る。
と言うように木火土金水がそれぞれを剋す(つぶす)、威力を弱める関係です。

五行を生活に取り入れる

これらの五行の意味合いを有効に用いる生活様式や食材を取り入れることで健康になれると言われています。
例えば
食材で言うと、肝臓が悪ければ肝木の食材を取り、さらに相生の関係から1つ前の腎水の食材を取ります。

あまり食材の数がなければ、1つ先の心火の食材も用いてみましょう。
もともと食材は脾土に入るものが1番多く、季節のものなどを考慮すると食べるべき食材が見当たらないことになってしまいます。

そして相剋の関係から肺金の食材を取りすぎたら、逆に肝木の食材が不足していないかのチェックが必要です♪

まとめ


今回「食材の性質を決める条件①五行説」について見てきましたがいかがだったでしょうか?

次回「食材の性質を決める条件2つ目の温涼・補瀉」について見ていきたいと思います。

五行の分類

肝木(かんもく)
心火(しんか)
脾土(ひど)
肺金(はいきん)
腎水(じんすい)

五行と食材

肝木:木性食材
心火:火性食材
脾土:土性食材
肺金:金性食材
腎水:水性食材

五行と体の部位(五臓六腑)

肝木:肝臓、胆のう
心火:心臓、小腸
脾土:膵臓、胃腸
肺金:肺臓、胃
腎水:腎臓、大腸

五行と色・味

木性食材:青・緑系 酸味
火性食材:赤・茶系 苦味
土性食材:黄・橙系 甘味
金性食材:白・無系 辛味
水性食材:黒・灰系 鹹味

このブログを読んで「医師にも薬にも頼らず、日々の食事を『薬』とし、自然の流れに沿って心と体を美しく整え、真に豊かな暮らし」を大いに楽しんでもらえたら嬉しいです♪

皆様が、心と体が軽くなり、幸せな人生を送れることを願っています。
最後まで読んでくださりありがとうございました!

今日もハッピーな1日をお過ごしください😊
以上薬剤師θさぷりんでした🌸